■ライフオーガナイザー2級認定講座
【浦和】2014年11月13日(木)10:00-17:00 11/5より変更 New!
詳細・お申込みはこちらをクリック

NEW子供が将来を選び取るための学習+生活習慣づけ 夫婦コラボセミナー
【浦和】2014年9月27日(土)10:00-15:30
詳細・お申込みはこちらをクリック

【無料】ズボラ・面倒くさがりやさん向けの片づけメルマガ「あろマガジン」
片づけとラクに付き合えるアイデアをズボラなワーママが週1配信 読者660名突破
お申込みはこちらをクリック

  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、写真はもっぱらiphoneかipadで撮影。
dropbox経由で保存すると、閲覧も管理も楽なので
ここのところはそうしていますが

無料で保存できるのは2GBしかないので
よく「容量がもうすぐなくなります」アラームが。
デジカメ写真ちょいちょい削除しています。。。

pic487.jpg

そんな折に改めてDropbox内をチェックしますと
ぼやけていたり、同じようなものが何枚もあったり
ベストショットではない写真がけっこう出てきます
とくに家族写真が・・・

目に見えないから一見わかりませんが、
この「データ容量を増やす」行為も、「スペース増やす」行為に等しいですよね~


収納エリアが広いと、見直す必要に迫られないぶん
いつの間にかどんどん物も増えるといった図式ですが

保存する写真もどんどん増えて
管理が煩雑になり、自分がコントロールできる量を超えてしまう・・・!(^^;
ような気がします。

ベストショットのみになったら容量アップを考えますが、当面2GBで頑張ろうっと。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

●講座・イベントのご案内

捨てるから始めない整理術。私にもできる?
【ライフオーガナイザー入門講座】8/30(土)@さいたま新都心 

物の山とやるべきことに追われる毎日。基本を学んで根本から見直したい!
【ライフオーガナイザー2級認定講座】9/4(木)@浦和 


●オーガナイズカウンセリング・作業支援サービス

自分にあったラクな方法、どこから始めたらよいかを詳しく教えてほしい
ひとりではやる気スイッチが入らないので、一緒に片付けてほしい!
【ゆるいかたづけ.com】


●「働く」以前でお悩みなら

働きたい、でもどうすれば…?とお悩みの方へ、
同じ悩みをもつ仲間とつながる「コミュニティ」に参加して、「憧れ」から一歩形にしてみませんか?
【WMリソースネットワーク】

※「トータルキャリア相談」モニター募集開始♪ 希望者はあろままでメールください。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


●お帰りになるまえに・・・
男の子たちの相手にヘトヘトのママをレスキュー♪クリックいただくと多くのママたちの目にふれることができます。応援お願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 男兄弟だけへ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
スポンサーサイト
テーマ:片付け・収納・お掃除
ジャンル:ライフ
やることはいっぱいあるのですが、
次男の発熱がようやくおさまったと思ったら
合気道で12年間、家族ぐるみでお世話になってきた恩師の訃報が入り
気持ちが乱れて思うように進まず。

どうにも残念で仕方がありません。

もう稽古をつけて頂くことはできないのだ…
育児と仕事で稽古回数は多くなかったけれど、

最後に言葉を交わしたのは、いつだったろう。
丸太のような太い手首の師範に、
入り身投げ(合気道の技)をかけて頂いたのはいつだったっけ?

pic476.jpg
私自身の稽古中の写真がほとんどなくてビックリ。撮らなきゃですね。小さな子たちもこんな感じで稽古しています。

合気道では組んだときにカラダの一部に触れますので
まだ肌が感覚を覚えているんですよね。

だから、もっと近い間柄の方や
もっと頻繁に稽古で接していた方の喪失感は
半端ないと思われます。


なんだか気が抜けたのと同時に
人ってこんなに簡単にいなくなってしまうんだ、
という想いもぐるぐるしています。

ご縁がある方も、一緒にいる家族も
そして自分もそう。

だからこそ、ご縁のある方の死(または病気・大きめのケガ)に接すると
1回1回 悔いのない接し方を、
1日1日を大事に生きなければ…などという想いを新たにします。

そしてしばらく、日々のあわただしさに忙殺されて
その気持ちを忘れかけた頃に

またそういったことを思い出させる
何かが起きるんですよね…!!


だからこそ、慌ただしくても
ちょっぴり立ち止まって時折考えなきゃって思うのです。

●「あなたの余命は残り1週間だよ」って言われたとしても
やることやったよね、と思えるような過ごし方って
そして、残り1週間に何をやる?
(今の医学ってすごいらしくて、病状によっては残り時間がかなり正確にわかるというケースを数例耳にしています)

●「最期にかけたのがあんなコトバだったなんて」…と悔やまないようにするためには
どんな接し方を心がければいい


なにかをやって失敗する後悔よりも、やらない後悔のほうが大きい…
とはよく言われることですが

つい「やらない」「先延ばし」をしてしまいがちなのは なぜなんだろう?
その時が訪れたら、「やることやった」と思えることが、ささやかな(それとも壮大な?)私の目標です。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

●講座・イベントのご案内

捨てるから始めない整理術。私にもできる?
【ライフオーガナイザー入門講座】8/30(土)@さいたま新都心 New!

物の山とやるべきことに追われる毎日。基本を学んで根本から見直したい!
【ライフオーガナイザー2級認定講座】7/11(金)@浦和 残席1
【ライフオーガナイザー2級認定講座】9/4(木)@浦和 New!

●オーガナイズカウンセリング・作業支援サービス

自分にあったラクな方法、どこから始めたらよいかを詳しく教えてほしい
ひとりではやる気スイッチが入らないので、一緒に片付けてほしい!
【ゆるいかたづけ.com】

●「働く」以前でお悩みなら

働きたい、でもどうすれば…?とお悩みの方へ、
同じ悩みをもつ仲間とつながる「コミュニティ」に参加して、「憧れ」から一歩形にしてみませんか?
【WMリソースネットワーク】

※「トータルキャリア相談」モニター募集開始♪ 希望者はあろままでメールください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


●お帰りになるまえに・・・
男の子たちの相手にヘトヘトのママをレスキュー♪クリックいただくと多くのママたちの目にふれることができます。応援お願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 男兄弟だけへ
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
先日は、埼玉県の関係者から貴重なご縁を頂けましたので
シニアに強いライフオーガナイザーにも声をかけ

大学・NPO市民後見センターさいたまの関係者の方々との
顔合わせに参加させて頂きました。


成年後見とは:
判断能力(事理弁識能力)の不十分な者を保護するため、
一定の場合に本人の行為能力を制限するとともに本人のために法律行為をおこない、
または本人による法律行為を助ける者を選任する制度である。(wikipediaより)


今まで、司法書士さんや
実際に親御さんの後見人となられた方から
ちょいちょい経験談を耳にしていますが

成年後見ってものすごく面倒な制度のようですね~


めちゃくちゃど素人なので
きちんと説明できているかどうか怪しいのですが
(間違っていたらご指摘を!)

後見って複合的な要素がからむため、

たったひとりの親族後見では
あまりに荷が重いのが現状だそうです。


資産がある方であれば、
まだ士業(弁護士・司法書士)が受任できる余地があるが

作業が非常に煩雑。
しかも報酬は申し立てベースで裁判所を経由せざるを得ない。
報酬は資産に応じて決定され
受領はずいぶんと先になるといった事情もあり

資産が少ない方は、士業も積極的には受任したがらずに
十分なケアが受けにくい、とか。


判断能力が不十分な者…
たとえば高齢者や障害をお持ちの方が該当するそうですが


資産管理、相続、事務手続、
生活に必要なケア(介護)、家事、住居、通院、終末期…

1つだけでも大変なのに
次から次へと難題が被さってくる。
しかも、ここに頼めばなんとかなる!といった場所はほとんどなく
専門家と専門家の間で分断されてしまい、困惑されるケースも多い。

専門家同士をまたぎ、ワンストップでケアする必要がある、
法人単位で任意後見を担う必要がある、と
少しずつNPO法人立ち上げの動き、ネットワークづくりの動きが各地にみられるが、
まだまだ仕組みが発展途上中であるそう。


高齢者であれば、
本人の判断能力がしっかりしているうちに

残りの人生をどう過ごしたいのか?の未来図を想い描いてもらい
それぞれの段階に沿った支援をすること

何より、判断能力がしっかりしている期間をできるだけ長くする努力

が必要なのだそうです。


まさしく…
オーガナイズではないですか。


一方で、支援が必要な家庭では
床に物が置いてあったり、無理な姿勢を繰り返すことによるケガのリスク、
物が積みあがっていることによる落下リスクなど

危険にさらされているケースも少なくありません。


ケガをして動けなくなると、判断能力・運動能力も下がり
寝たきりになりやすい。


だからこそ、介護予防
そして 健康と若さを維持して生活の質を高めるため
周囲に迷惑をかけないため

有用な手法の一つとして
お片づけ(オーガナイズ)は好意的に受け入れていただき

何かコラボできればいいですね、といったお話になりました。


あろまは普段、
4~50代の方にお話させて頂く機会が多いのですが

60代以上の方が講座においでになることもあります。
少しお話を伺うと
日々の生活…掃除以前のお片づけに
予想以上に困っているご様子。

セミナー冒頭、
床が物で埋まった汚部屋時代の写真をよくお見せしていますが
シニア世代にとっては序の口みたい(^^;


若い世代の方は、まだ
インターネットで情報を調べたり、セミナーに出かけたりもできますが
シニア世代には、ネット経由の情報が入ってこない。

だから、本当に困っておられるシニアの殆どには
こういった、支援サービスが存在することすら
届いていないだろうと思います。


近くに困っておられるシニアがおられたら

または、ご両親が困っていて
サポートする子世代の負担が大きいようであれば

おうちでの毎日の生活がもっとラクになるようにお手伝いしてくれる
NPOや(片づけの)業者さんがいるんだよ、
と教えてあげてください。


こういった、困った!を支援してくれる組織の存在を
もっと多くの方に知ってほしい。


また、お片づけについていえば
ライフオーガナイザーや整理収納アドバイザーは
全国に活動を広げております。

また、東京・埼玉近郊の方であれば
あろまにお知らせ頂ければ、
シニアへの経験豊富な同業者におつなぎするなど、サポートが可能です。


今日はいつもと趣向が異なる話題、
そしていつもにも増して堅苦しい記事になってしまいましたが、
ここまでお読みいただきありがとうございました^^


●お帰りになるまえに・・・
全国で活動されているオーガナイザーたちのブログはこちら。クリック頂ければ多くの人の目に触れることができます。応援お願いいたします!

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
「選ぶ」ことのハードルが
これまでになく高くなってきている現状は
折にふれてメルマガやブログでご紹介しているのですが

目的が決まれば

多すぎる選択肢から
自分にあったものを選ぶための条件が
自然と絞り込めるようになります。


最近6歳長男は
ガンプラ(アニメ・機動戦士ガンダムのプラモデル)に
はまっているのですが






アニメに出てくるようなリアルなガンダムに
先日、彼の全財産を投じました。

旦那に多少援助は受けたそうですが
「お手伝い4つで10円」という暴利なお小遣いレートで、
1000円以上ためた
ことになります。


ガンダムの上半身・下半身が分かれて
中央のコアファイター(飛行機状の乗り物)が
アニメと同じようにたたんで組み込めるもの…

というのが、彼がイメージしていた商品。


ガンプラは人気がありますので
大小、廉価版から高級版まで
いろんな種類があり

調べさせられた(?)私も
全然意味がわからなかったのですが


手近で品数が多い廉価版ではなく
すぐに手に入らなくても
イメージ通りの商品が見つかるまで待つ!

との決意は固かったとか。


そして、店員さんに確認して
ガンダムの上半身・下半身がきちんと分割できる
プラモデルを発見したときには

じゃらじゃらじゃら~!と
実に潔くお財布からお金をとり出したそうです。


やはり、選ぶ目的が明確に決まっていれば
どうすればいいのかといった行動も自然と決まる
のだな、と
感心させられた一件でした。


「何となく」ではなく、予め選ぶ条件を持つ。

限られた空間、限られた時間、限られたお金を
高い満足度で後悔なく使うために、有効な手段のひとつです。


●お帰りになるまえに・・・
次はGファイター(ガンダムが乗っている飛行機)が欲しい長男に頑張れ~の1ぽちを♪ 飽きっぽいので、何よりの励みになります^^

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
テーマ:子育て
ジャンル:結婚・家庭生活
先日は習慣づけのセミナーを開催したというのに、

私自身
ブログの習慣が崩れているような…(^^; (^^;;;


以前は職場の昼休みにアップするようにしていたのですが
パートに行かなくなってから
新たなルーチン(タイミング)が取れていませんね。反省。

moblog_9529043d.jpg


メルマガは今のところ意地でアップ続けています(^^;;;
一部抜粋を。
↓↓
----------------------------------

私が住んでいるさいたま市では
「ブックスタート」といって

生後4か月の赤ちゃんにを無償で配布し
親子の読書習慣づけのきっかけにする事業がありますが

長男のをもらいに行ったときに

「親御さんには読書の習慣はありますか?」

と尋ねられました。


家に、ごく自然にが置いてあって
親が普通に読んでいれば 子供を読むようになりますし
上の子が読んでいれば、下の子も興味を示します。

一方的な強制では、長続きしません。


だからこそ、やらせごとではなく
親も一緒につきあう
親も子供と一緒に楽しみを見出す

続かない場合には
そもそも、自分(子ども)にとって
そこまでする価値があるのだろうか?
を見直す。

完璧を求めず、成果やプロセスを
少しずつ味わってみる。


できることから少しずつ
習慣づけていきたいですね。

----------------------------------

というわけで、読書の習慣を例に取り上げましたが…


子どもに読書をしてもらいたければ
まずは親が読もうね
、ということ。

ブックスタートで
夫婦ともに読んでます!と言ったところ
「ああ、それなら安心ですね」と言われました。


以前、知り合いの小学生の答案用紙を
見る機会があったのですが

「なぜこのような間違いが?!」

あまりの国語力の低下に
素人ながらびっくりしたこともあります。


読書は国語力、数学・算数の文章問題、外国語読解能力、
そして将来の情報収集能力にもつながります。

生活の質を高め、視野を広げるためにも、
親も子供も、読書習慣を取り入れたいものですね。


そして「書く」習慣。

現役塾講師曰く、
「書く」=アウトプットは
学習習慣づけの一環として
非常に有効なトレーニングなのだそうです。


継続が苦手な私が 先日の火曜日でメルマガ90号!
自己満足ですが、いろんな意味で財産になっています。
読者さまからのコメント・反響はもちろんですが、会う方とのつながりや共通の話題にもなっていたり。
100号目指して頑張りまーす^^




●お帰りになるまえに・・・
意地で100号?メルマガを続けるあろまに頑張れ~の1ぽちを♪ 飽きっぽいので、何よりの励みになります^^

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ  
テーマ:入園・入学準備
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。