■ライフオーガナイザー2級認定講座
【浦和】2014年11月13日(木)10:00-17:00 11/5より変更 New!
詳細・お申込みはこちらをクリック

NEW子供が将来を選び取るための学習+生活習慣づけ 夫婦コラボセミナー
【浦和】2014年9月27日(土)10:00-15:30
詳細・お申込みはこちらをクリック

【無料】ズボラ・面倒くさがりやさん向けの片づけメルマガ「あろマガジン」
片づけとラクに付き合えるアイデアをズボラなワーママが週1配信 読者660名突破
お申込みはこちらをクリック

  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週は平日のうち2日
今週も1日

朝起きたら旦那が、朝ごはんを準備してくれていました♪

pic377.jpg
(↑イメージ画像です)

「お父さんの卵サンドが食べたい!」

と長男からの働きかけも
あったようですが(笑)


朝モーレツに寝起きが悪い次男。

機嫌が悪いと、ふとんから出たがらずに泣き叫ぶので
起きているのに私まで布団から出られないことが
少なくありません。


そんな様子を見越して、だと思いますが

「起きたら朝ごはんができていた」って
やっぱり主婦の立場ですと
感動しますよね^^


またヨロシクですm(__)m


片づけを含めて
家事ってやはり主婦に負担がかかりがちなのですが

担い手を増やすって
いろんな意味で大事なのではないかなと。

家事を家族全員でとりくめば

どこに何があるのかわかって
子どもの自信にもつながる。
何より、万一のリスクマネジメントになりますし(笑)


何より、数人で一気に用事を済ませたほうが

子どもと遊べる時間や
家族全員でだら~っとできる時間も増えたり

家から出発できる時間だって
だんぜん、早い!


真面目でやさしいママが
おうち仕事をひとりで抱えこんでしまって

家族に
やらなくてはならない(と思っている)こと
ママのイライラや焦りがうまく伝わっていないことが
すっごく多そう…


と、受講生・お客様と接するたびに
感じています。



たとえばお出かけのとき

ママだけが
持ち物準備・戸締りなどで
バタバタしていて

パパと子供はのんびり
自分のことだけ済ませて
「まーだ~??」って待っていること

(時には「遅い!」とぼやいたりも)
ありませんか?


お出かけのときの用事って
本当に多いですよね!


そんなときには

「早く出たければ
○○▲▲と□□を手伝って!」

(でなければ、時間がかかるけど待ってて!)


と伝えておくことで
家族の動きが格段に速くなることも、多いですよ。


もっと家事を家族で楽しくシェアするコツを手にいれる

【習慣づけのための夫婦コラボセミナー】

平日開催のためか、少人数でじっくりお話できそうですよ。
夫婦そろってお会いできること、楽しみにしています^^


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

●講座・イベントのご案内

小学校低学年からの学習習慣・生活習慣づけ。お子様に未来を選び取れる自信を!
【習慣づけのための夫婦コラボセミナー】3/3(月)@浦和 

物の山とやるべきことに追われる毎日。基本を学んで根本から見直したい!
【ライフオーガナイザー2級認定講座】3/18(火)@浦和 


●オーガナイズカウンセリング・作業支援サービス

自分にあったラクな方法、どこから始めたらよいかを詳しく教えてほしい
ひとりではやる気スイッチが入らないので、一緒に片付けてほしい!

【2014~15年新小1のお子様をお持ちの保護者様限定!先着3名さまだけ25%OFFキャンペーン】(残2枠)
【ゆるいかたづけ.com】

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


●お帰りになるまえに・・・
男の子たちの相手にヘトヘトのママをレスキュー♪クリックいただくと多くのママたちの目にふれることができます。応援お願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 男兄弟だけへ
スポンサーサイト
テーマ:片付け・収納・お掃除
ジャンル:ライフ
実は、自分以外の持ち物って
どれもこれも要らないように見えがち。

親だけでなく
旦那(妻・子ども)のコレクションとかゲームとか
妻(旦那・子ども)の服とか雑誌とか

悩まされることってありませんか?


あろまも何度か、親世代の方々に講座をしましたが
物がない時代を経験されておられる
受講生たちからは

「持ちすぎってわかっているんだけど
 やっぱり捨てられなくてねぇ」

というご意見がやはり多いですね~
ご本人もわかっておられるんです。


昨日は、さいたま市施設からの依頼で講師を担当しましたが
「妻と私の価値観がどうも違うんです!」

と、男性の受講生が熱く語られていました。


どう見ても多いかもしれない。
なぜこんなの取っておくのよ!ともどかしい。

でも、その一つ一つに
ご本人にしかわからない価値がある場合も
少なからずあるのです。

pic174.jpg


価値観を詳しく知りたい方は、ライフオーガナイザー入門講座のワークが早いかも。

【11/25(月)ライフオーガナイザー入門講座(さいたま)】

【他日程・他地域】協会ホームページから検索ください


私自身、実家に置いておいた
お気に入りの漫画本たち(当時絶版)を

「要らんかったやろ?」

と、母に勝手に捨てられていたこと
未だに忘れられません…


(詳細は↓)
他人の持ち物、捨てていませんか?


というわけで
ご本人の腑におちないうちに捨てられてしまうと
残念ながら、後日トラウマになってしまう恐れも
あります。


物量が多すぎて、

危険が生じるくらい空間が圧迫されている
明らかに非衛生的
消費期限を大幅に超えた食品などは
致し方ないものもあろうかと思いますが


原則
「持ち主に判断してもらう」
が 基本と言われています。


ではどうすれば?
なかなか悩ましいところですが
たとえば思い出系の方であれば

●思い出・コレクション等の中で、特に大事な宝物を選んでもらい、飾る
●卒業済のコレクション、ほかの思い入れがない物について、取捨選択の協力を促す

などが考えられるかなーと。


自分の思い入れが否定されるのは
やはり気持ちいいものではないですよね。

だから
「こんなのいらないでしょ!」と相手にそのままぶつけると
衝突しやすくなります。


だから、その大事な部分だけは尊重する姿勢を見せる。
時には一歩引いてみる。
そうすることで、相手の協力も得られやすくなることもあるように思います。


●苦手でも今からできることはたくさんあります!
片づけられなかった歴30年、6歳&1歳の子育て真っ最中の母がお届けする「がんばらないお片づけ」。まだお申込み間に合います!

2013年10月・11月ライフオーガナイザー入門講座開催のお知らせ


●お帰りになるまえに・・・
男の子たちの相手にヘトヘトのママをレスキュー♪クリックいただくと多くのママたちの目にふれることができます。応援お願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 男兄弟だけへ
テーマ:片付け・収納・お掃除
ジャンル:ライフ
先日は約半年ぶり!に、
ライフオーガナイザー入門講座を開催しました。

(また写真を撮り忘れました…^^;)

緊張でお聞き苦しい点もあったかと思いますが(^^;

ご参加頂いた皆様、
貴重なお時間をありがとうございました^^


今回は皆さま ワークを仕上げるのがとてもスムーズで
とても書き馴れておられるような印象を受けました。

pic395.jpg
(ホッと一息♪)


お片づけに無関心な、
てごわい旦那さまのお話も出たり(笑)
これは共感を呼んでいましたね~
もっと受講生の皆さんから詳しいご意見を伺いたかったです。


あろマガジンにも取り上げましたが

無関心な方に「片付けて!」と訴えても
おそらくは、左から耳へスルーされてしまいます。

だからこそ、相手が現状をどう感じているか
私は現状をどう感じているか?
お互いが歩み寄って 妥協点を見出すこと…


夫婦は特に、
違う環境に生まれ育った
違う人格。

(10年以上前、旧友たちにこの考えを披露したところ
「夫婦って一体じゃないの~?信じられない!!!」
とブーイングをくらったことを懐かしく思い出します。

でもこの前提でいると、裏切られた感が少ないですよ~)


以心伝心を期待しすぎない。
でも、相手のきもちを想像しながら、歩み寄りを諦めない。
コミュニケーションがカギのような気がしてなりません。


【受講生の声】

・その人に合ったやり方が成功(?)への道。
人それぞれ違うやり方や進み具合でいいということ
きき脳の違いによるやり方が違う事がわかってよかった(中村純子さま)

・今まで本の中で聞いていた言葉を ワークなどを通じて実際に考える事で
やっと理解できてきた気がします。短い時間でしたが先生や他の方たちの
関わりもすごく楽しかったです。(Y.Cさま)

・物ではなく、人に焦点を当てるという点が
様々な人に効果的になると思いました。(S.Mさま)

・「思い込みをなくす」という言葉が印象的でした。
ワーク1でとても身にしみました。(A.Sさま)

・おもしろかった。今まで考えなかった視点で考えられた(T.Sさま)

・こんなことできないのは自分だけ?となやんでいることが
案外皆も同じだったりした事があったのでホッとしました。(Y.Tさま)



今回の教訓をもとに
更にブラッシュアップに努めていきたいと思います。
アンケートへのご協力もありがとうございました!



次回は、9/7(土)生活習慣&学習習慣づけのコラボセミナー
予定しています。

子供は特に、周囲(環境・お友達等)に影響されやすいので

染まりきる前の小学校低学年のうちに
ゴミを捨てる・提出物を出す・ルールを守るといった常識がついているかどうかで
その後の伸びに大きな差が出るそうです。

そのために、親としてどう働きかけをするのが効果的か…?
ガミガミ イライラ、将来の不安が軽減されますよ。

詳細は 



お会いできるのを楽しみにしております^^


●お帰りになるまえに・・・
未だあがり症のあろまにがんばれ~の1ぽちを♪ 飽きっぽいので、何よりの励みになります^^

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
テーマ:片付け・収納・お掃除
ジャンル:ライフ
ゴールデンウィーク、お天気に恵まれていますね。
皆さん楽しくお過ごしですか?


我が家には
新1年生と、もうすぐ1歳の
2人の怪獣がおります。

子供たちの成長にともなって、
部屋や片付けに必要とされる条件?も
ずいぶん変わってくるもんだな~と
痛感している今日このごろ。

そのいくつかをシェアさせて頂きますね^^


まずは次男編。
伝い歩き中で、10秒ぐらいたっちできるようになりました。
そろそろ歩くんじゃ?と保育園の先生・談 (怖)


長男はおっとりで
それほど手がかからなかったのですが
次男って…

抜け目ない!
素早い!
成長が早い!


おしりふき・ティッシュ・おむつ・本を
かたっぱしから引っ張り出す定番のいたずらはもちろんのこと

コンロ近くで遊ぼうとしたり
ゴミ箱をひっくり返したり
コード類でいつの間にか遊んでいたり
お皿をひっくり返し、投げ、たたきつけたり。

兄弟でも
好むいたずらの種類が全く違うんですよね~


ケガしたら取り返しのつかない
コンセントやコンロ・ポット・洗濯機・お風呂は
予め気をつけたり遠ざけたりしますが

対策するということは、
アクション数が増えたり
動線のさまたげになったり
見た目が残念になることも。


なので我が家の場合は、
次男を観察して

明らかに危険なところ
いかにも好みそうなところ
いたずらされるとストレスがたまるところだけという、
実にアバウトな方針でやっています。

pic322.jpg


コンセントは、コンセントカバー。
コンロはチャイルドロック。
ポットは使いません(お湯を使いたい時だけ、やかんで沸かす方式)。
ゲートもつけていません。

そろそろ包丁入れ場の扉を開けそうなので
観音開きのシンク下扉だけは
S字フックで固定する予定。


キッチンのゴミ箱をあさられるのが、
最近ちょっと気になっています。

ウェブで小さい子のゴミ箱対策を調べたところ、主に

子供の目線から外す
子供の届かない場所や高さに置く
子供が主に過ごす場所には置かない
・ロックをつける
・屋外に置く


といったものが主流でした。
なるほど。


ゴミ捨てのハードルが高くなると
ゴミを捨てるのがいちいち面倒になるため

生ごみは気をつけますが
プラゴミはある程度やむなし?

いろいろ変えて
試行錯誤してみようかと考えています。
そうしているうちに、あさる時期が過ぎることも期待して^^

またネタを見つけたらシェアしますね♪


●お帰りになるまえに・・・
家族の悲鳴にもめげない次男へ愛の1ぽちを♪ 飽きっぽいので、何よりの励みになります^^

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
テーマ:片付け・収納・お掃除
ジャンル:ライフ
「おとうさんなんで片づけないの?!
ぼくだけいつも片づけても おとうさんだけ片づけないのはずるいよね
やらないといつまでもこのままになっちゃうでしょ 
そんなのやだよ

おかあさんは昔できなかったんだよね
ぼくはいつもちゃんと片づけてるよ」


pic174.jpg


…全くその通りでございます。
朝食の準備をしていたときに 居間から息子のこのセリフが聞こえてきたので
思わず大笑い。

寝っ転がっていた旦那は
この息子の一言でちょっぴりいたたまれない気分になった様子。
「笑いすぎ」と苦笑しながら
直ぐに脱ぎ捨てた服を脱衣カゴへ持って行きました。

ヨメが旦那におずおずと(イライラと?)伝えるより
100万倍効果あります
ね♪


旦那曰く
「今の録音しときたかったよね」

ですって。
同感。


…大分親の誘導入ってるなぁとも感じますが
スッキリ」が気持ちいいと感じてくれていることは
有難いことです。

もうちょっと世慣れてきたら
「父さんがやってない = 自分もやらなくていい」
と解釈しそうですもの。


なんでおかあさんは昔できなかったの?
とも聞かれましたので

おかあさんが昔できなかったのは
ばあばが全部やってくれたから、自分でやらなかったんだよ
だから片づけかたがわからなかったの。

キミはやりかたがわかって自分でもうできるもの。
これで大きくなっても困らないよね。

と伝えておきました。


下は旦那が以前ブログで詠んでいた句ですが
ホントこうであってくれと祈るばかりです。

「いま少し素直なままでいてくれろ 修楽」

彼の亡き父は
群馬・上毛新聞の川柳選者でした。


整理収納・お片づけ情報満載のブログランキング。他のブログもチェック!!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

ぽちっ☆ を励みに、何とか更新つづいています。
いつも応援ありがとうございます~~♪

テーマ:片付け・収納・お掃除
ジャンル:ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。