■ライフオーガナイザー2級認定講座
【浦和】2014年11月13日(木)10:00-17:00 11/5より変更 New!
詳細・お申込みはこちらをクリック

NEW子供が将来を選び取るための学習+生活習慣づけ 夫婦コラボセミナー
【浦和】2014年9月27日(土)10:00-15:30
詳細・お申込みはこちらをクリック

【無料】ズボラ・面倒くさがりやさん向けの片づけメルマガ「あろマガジン」
片づけとラクに付き合えるアイデアをズボラなワーママが週1配信 読者660名突破
お申込みはこちらをクリック

  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週、ついに ようやく
2本足で歩けるようになったあろまです♪♪


長男次男の保育園送迎ができる。
お店で買い物ができる。

行動範囲が広がると
実にささやかですが、幸せを実感しますね^^


さて、我が家で恒例の無印カレンダー(大)を買いに行ったところ
お店にこんな表示が。
(画像クリックで大きくなります)

pic353.jpg


新春限定ですが、10%オフクーポンは魅力的~♪♪

もう着なくなった服…
無印良品の衣類限定」と書かれていないのが
個人的にとっても気になります(笑)

本来、良品週間にあわせて回収のときには
無印の洋服限定だった覚えがあるのですが
今回はどうなんでしょう。


久しぶりにFUKU-FUKUプロジェクトのサイトをチェックすると

丸井が参加を計画中?とか

主にメンズワイシャツのネットショップで
FUKU-FUKUプロジェクト封筒なるサービスが始まっていたり
(新品購入時に封筒が同梱されるそうです)


ますますお手軽に
リサイクルに参加できるようになっていますね!


モノ余りの世の中、
こういう、物を循環させるビジネスも充実してきてるんだなー。


先日ご紹介した「古着deワクチン」もそうですが、

「手放したいけれど、キレイすぎて忍びない」方にとっては
朗報なのかも。


持ち物を見直すのに適したこの時期、
ご自身の定番の手放し方、ぜひ探してみてくださいね^^


●お帰りになるまえに・・・
ついつい歩きすぎるあろまに愛の1ぽちを♪ 飽きっぽいので、何よりの励みになります^^

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
スポンサーサイト
テーマ:片付け・収納・お掃除
ジャンル:ライフ
ようやくギプスの取り外しができるようになり
お風呂に入れるようになったあろまです~(^▽^)

すごいホータイ。
自分でぐるぐる巻きましたが
「不器用にも程度というものがある」 by旦那 

pic351.jpg


ギプスしてしまうと
水にぬれて割れないよう、「風呂禁止」と言われます。


妊婦のときにも、出産後1か月は
「風呂禁止」と言われました。

そのときには
シャワーで普通に洗っていたので
全く問題がなかったのですが。


今回は3週間、左足を洗えなかったわけで。
何がビックリって
出てくる垢の量が半端ないのです。
(汚い話でごめんなさい)


風呂でマッサージの指示が出ているため
指先やふくらはぎをもむと

触るたびに出てくる!!!

といった感じ。
3日前から風呂解禁になりましたが
昨日久々に一緒に風呂に入った長男も
驚いていました。


いや…
人間の新陳代謝ってすごいんですね~~(@@)


といった余計な話はさておき。


のど元過ぎれば熱さ忘れる
といったことのないよう、

片足が不自由してどういったことが困ったか?
についての経験談をご紹介しますね。


お近くに足が不自由または痛めている人がいる方、
または足が不自由な方に対してお仕事をされる方の参考になれば
とても嬉しいです。


●立ち上がれない。
従来の定位置が遠く、モノを出すのが精いっぱいで定位置に戻せない。
床に直置きしてしまうと移動にさしつかえる。


⇒これは骨折初期、本当に困りました。
ちょっと動くだけで疲れるため、もとに戻す気力が失われるんですね。

床がカオスになると、汚部屋一直線…
実質的に危険です。

なので、足が不自由な状態が長引くようであれば
使用頻度が高いモノだけ厳選し、
定位置を自分のふだん坐っている場所&高さにあわせて
決めなおす必要があります。


●熱い飲み物・中身の入っている両手鍋・汁物・重量物を持ち運べない

⇒調理や皿洗いはイスに座ってやれば
多少の不便はあるものの、何とかなりました。

移動をするときには、イスや机などを支えにケンケンです。
問題は配膳(^^;


⇒熱い物は言うまでもなく、危ないですよね。
両手で持つような鍋やトレー(複数の皿)をはじめ
満杯でこぼしそうになるものもNGでした。

なので、どうしてものときには
1個1個をスツールの上に置いたり、
床に置くなどして
自分がハイハイして運ぶなど。


重量物は両足でふんばる?必要があるため
バランスを崩し、これまた危険。
布団干しは全くできませんでした。

次男も立って抱っこできず、
移動させるのは旦那か長男にお願いしていました。


●松葉杖を使うと物が持てない

松葉杖は両手の親指・人差し指を使うので
モノが殆ど持てなくなるのです。

普通に持とうとすると
ノート1冊とか、小さなレジ袋程度…(^^;
それ以上になると、やはりバランス崩れるんですよね。

ちょっとでも多く運べるようにするに
肩がけポーチ(たすきがけに)、ウエストバッグ、
ポケット付きベスト、ズボンポケットなどの活用が役立ちました。


●メンタル面、周囲への配慮

というわけで、私がやって危なっかしいことは
すべて旦那や長男、実家にお願いしてやってもらうはめになりました。

何をするにも細かな指示出しが必要なため

そうしなくてはならないと頭ではわかっていても
長期化すると、頼まれるほうにはどうしても負荷がかかります。

これではイライラしたり、
「なぜ私ばっかり」といった感情になりますよね、当然。


一方、お願いするこちら側も
どうしても申し訳なさが先立ち、必要最低限のことしか頼めず。

無理して自分でやろうとするあまり、
カラダのほかの部分が痛くなったり(右足と腰・ヒザがキツかったです)。


なので、介護する側のメンタルケア=気晴らし&感謝の言葉と
介護される側がなるべく自力で何とかできる
安全な工夫。

長期化するならば、
根本的な空間の見直し、協力体制の見直しが
絶対不可欠
に思いました。


というわけで、
今は自宅内のみ、シニアなみのスローペースで
二足歩行となっています。

ゆっくりしか無理とはいえ、
二足歩行ってスバラシイですよね~♪
コーヒー持って歩けますもの^^

ということで、もしこちらのネタも出てきたら
随時ご紹介したいと思います。


●お帰りになるまえに・・・
すでにのど元過ぎれば…になりかけのあろまに喝!!の1ぽちを♪ 飽きっぽいので、何よりの励みになります^^

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
テーマ:片付け・収納・お掃除
ジャンル:ライフ
前回の続き。

ふだんはざっくり型だけど
利き脳ノウハウ(左左型)を取り入れた結果…

洗面台下はめっちゃ使いやすくなりました♪

pic349.jpg

写真左のメイクボックス内。
ちっちゃい試供品が箱の中、特に大物の間で埋もれていましたが
これなら在庫も一目瞭然です。


ざっくりも
「大きさを考えて」

が肝ですね。


小さなものは浅い引出に、
大きなものは深めのボックスにするのが
見つけやすくなるコツ。


アクセサリー入れも、仕切ってとてもいい感じに。
pic336.jpg

仕切ることで
全体を一覧できるんだなぁと。
ロングネックレスはからまることもありますが
サッと取り入れ取り出しできます。


ヘアピンなどの小物はは小さなビンに立てました。
見た目にもいい感じになりますよ。


そして維持できていない部分は
ここです(笑)
pic350.jpg

毎朝・毎晩出し入れする
パジャマ・下着の引出し。

プラダンで即席の仕切りを作りましたが
ひとつの仕切りに2つ以上放り込んでしまうんだよなー。
なぜだろう。

ここは要・再検討です。



ということで
利き脳に沿った方法は必ずしも万能ではありませんが

自分の行動のクセとも照らし合わせながら
いろいろと試してみるのも
新しい発見につながるかもしれません。


ぜひ手がかりの一つとして
『利き脳片づけ術』の本を片手に
あなたのベターを探してみてくださいね^^



●お帰りになるまえに・・・
もうすぐギプスが半分に。セルフ・リハビリに余念がないあろまに愛の1ぽちを♪ 飽きっぽいので、何よりの励みになります^^

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
テーマ:片付け・収納・お掃除
ジャンル:ライフ
先日ちょっと触れた
「オーガナイズしなおした部分」について


『利き脳片づけ術』撮影こぼれ話です。




以前の我が家の洗面所下は
ハコをひとつ投入して
ボトル類を立てて入れる程度にしていました。

pic231.jpg


私、利き脳的には
「細かく仕切ってラベリング」が最適
(いわゆる左左)タイプなのですが


もともと片付けが苦手なため
家ではざっくり投げ込み型収納に
しています。



今回取材のオファーを頂いたときに
「利き脳を意識して」とのお話だったので

そのようにオーガナイズしなおしました。

pic349.jpg


アフターでは
100均のワイヤーラックを撤去。
代わりに無印良品のメイクボックスとファイルボックス、ひっかけるワイヤークリップを投入し
試供品などの細かいものはメイクボックスに入れました。

収納用品を新たに買うならば
ほかの場所でも使い回しができるものを選ぶと
重宝しますよん♪


ファイルボックス等には
テプラでラベル。

派手なロゴは見せたくない上
色がたくさん入ると見た目に統一感がなくなるので

洗剤やボトル類は
なるべく色を見せないように隠しました。


自分的には
「通常ざっくり型が、利き脳に沿ったやり方を取り入れて
どの程度しっくりくるのか?維持できるのか?」

といった試みですね^^

ちょっぴりカオスになってきたかな?
と気になっているタイミングでもあり
ちょうどよかったです。


果たして使いやすくなったかどうか。
どちらだと思いますか?




現時点で、私の場合は

・頻繁に使うところは、細かくしすぎると維持できない
・時たま使うところは、細かくして使いやすくなった


となっています。
詳しくは次に!^^


●お帰りになるまえに・・・
松葉杖でも外へ気晴らしでお茶しに行こうかな?と企てるあろまに愛の1ぽちを♪ 飽きっぽいので、何よりの励みになります^^

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
テーマ:片付け・収納・お掃除
ジャンル:ライフ
本来であれば今日は
次のステップの認定講師試験を受験する予定でしたが…

骨折により、あえなく延期(><)

荷物が持てず
階段や急な坂道の上り下りができず
満員電車に乗れず
ちょっとした距離も移動が厳しいため

お楽しみな予定も次々にキャンセルを余儀なくされ
ひきこもり中なあろまです。

pic348.jpg


12月18日のギプス外しを心待ちにしていましたが

「その後1週間はハーフサイズのギプス&松葉杖」

だそうで…(涙)
松葉杖卒業は、早くてクリスマスごろだそうです。


来週以降は
リハビリに頻繁に通わなくてはならないそうなので
車だけは解禁になりそう♪
通院の都度つきあわされる旦那も気の毒なので。


軽なのでちょっと狭いですが
不幸中の幸いで骨折は左足ですので、
オートマ車、フツーに運転できます。


重いモノは持てないですし
松葉杖だと500m弱でも息切れしますが
行動範囲は広がりそうですよ^^


こういう時こそ
「緊急でないけれど、重要なこと」
を見直すいい機会ですね。

このところ、目先の予定
それに伴う家族とのすりあわせで
頭がいっぱいいっぱいだったので

予定のほとんどが無くなってしまった今
じっくり考える時間ができました。


家族放置してない?
本当はどうしたいんだろう?を見直しなさい、
という 天からのお告げですね。(大げさ)


まずは足元から…
リハビリに通い、足をきちんと治す一方で

家族の貯蓄・保険の見直し、
長男、次男用空間のオーガナイズ、
そして 手をつけられていなかったホームページのあれこれなど
坐っていてもできそうなことにとりくんでみるつもりです。


先日オーガナイザーのsonicaさんから教わった
ライフオーガナイザーの年次総会(カンファレンス)のおすそわけ…

Life is messy. (人生ってめんどうよね)

のひとこと、身にしみますね。
sonicaさん、ありがとうございます^^)


今回のケースは
自業自得ですが

家族からめんどうを持ち込まれることも
少なからずある。

今回の骨折により、私は旦那・家族・実家に
そうとうな面倒を持ち込んでしまいました。


共働きの家庭、
特に夫婦ともにフルタイム勤務の場合は

残業や休日出勤、
出張で双方が不在になるときには
小さな子供を誰が見る?ということが最大のネックとなります。


そんなときに真っ先に頼りにするのが
双方の実家。

特に中学受験やお稽古ごとの送迎、
毎日の夕飯までも

ジジババが毎日…
といったケースも少なくないそう。


この場合
ジジババが何らかの病や怪我で動けなくなったときには

それまでの生活パターンが総崩れとなる可能性も。

共働きのキャリアは
とても危ういバランスの上に成り立っているといった文章も
少子化に関する書籍で目にした覚えがあります。
(だから産まない、といった選択をするキャリアウーマンも少なくないのだと)


一寸先は闇…
とまではいきませんが

いつ何が起きるかは
誰にも見当がつかない。


だから、いざというときにどうする?
といったアウトラインを家族で話し合っておくこと
(何より、話し合える関係を築いておくこと)

そして、その場その場の状況と
全体・今後を見ながら
現実的な対策を考え、柔軟に対応できる力。


暮らし方が多様化する現代には
ますます生活に欠かせないスキルになりそうに感じます。


●お帰りになるまえに・・・
ひきこもりをラッキーに転じたいあろまに愛の1ぽちを♪ 飽きっぽいので、何よりの励みになります^^

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
テーマ:日々のこと
ジャンル:結婚・家庭生活
先月11月28日になりますが
(そして既に多くのブログにて紹介されていますが)

ライフオーガナイザー協会の高原理事
利き脳別・お片づけ に関する本を出版されました。




既にご存じの方も多いと思いますが
「利き脳」とは、脳の得意分野。
考え方は利き手と同じです。

右利きであれば、右手で器用に字を書けるけれど
左手ではちょっと書きにくい、やりにくい、ということありますよね。


それと同様、
その人その人によって使うのが得意な脳の部分…
利き脳があることが知られています。


片づけは
使用頻度の判断、置き場所を考えるなど
脳をフル回転させる作業であることから、

利き脳に沿ったやり方を取り入れることで
無理なく続けやすい方法を探す
ひとつの手がかりとなるとのこと。


最近のライフオーガナイザー入門講座受講生から
ご質問がひじょ~に多い
「利き脳」の疑問あれこれ…

お部屋の片づけのみならず、手帳術・パソコン管理術まで
その手がかりが惜しみなく紹介されていますよ。


利き脳の強弱(?)
そして利き脳に応じたやり方を取り入れて
どの程度フィットするか(やりやすいか)は
個人差がありますので


個人的には
自分にとってどちらかといえば不向きな方法を
フィルターするのに使えるのではないかな~?
といった印象があります。


利き脳は
情報の取り込み(インプット)・情報の発信(アウトプット)を見る場合
タイプが4通りに分かれるのですが


実はあろま宅も「左左」の事例として
(他の事例が美空間なだけに、お恥ずかしい限りですが)

3ページほど、洗面所の写真を掲載して頂いています。
宜しければご一読くださいませ^^

pic158.jpg


事前に「利き脳に即したやり方を!」
といったオーダーがありましたので

ある程度セオリーに沿って(沿ったつもりで?)
取材前にオーガナイズし直した部分もあります。

こぼれ話、また別記事にてご紹介させて頂きますね。


●お帰りになるまえに・・・
利き脳情報満載。ライフオーガナイザーについて詳しい情報をお探しならこちらをクリック。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
テーマ:片付け・収納・お掃除
ジャンル:ライフ
整理整頓すると、必ず出てくる不要な衣類。
そんな衣類を一気に片付けられて、集められた衣類は開発途上国で再利用され、
さらに世界の子供たちにポリオワクチンも寄付もできてしまう
便利な片付けツールがあるのだそうです。

pic087.jpg

その名も【古着deワクチン】

「古着を片付ける(手放す)ことで、世界の子供たちにポリオワクチンが提供できる」
社会貢献につながる方法があると知れば
「もったいない、でも捨てられない」不要品をおうちから出す決意が
つきやすくなることってありますよね。

お片付けをお仕事としている方にとっても
捨てられずに困っているお客様に「手放す」選択肢のひとつとしてお勧めできそうです。

ご家庭の古着が捨てられずに困っている方はもちろんですが
お片付けの仕事をされている方も、一度試した上で
お客様にお奨めしてみてみてはいかがでしょうか。
【古着deワクチン】の詳細は→ こちら


以下、広告主様からのご案内となります。


-----------------------------------------------------------------------------

◆【古着deワクチン】とは?◆
株式会社リクルート様株式会社リクルートライフスタイル様〉が展開する通販eyecoのショッピングサイトで
ご利用いただける共同商品となっております。
ご不要な衣類・バッグを便利に片づけることができ、
その衣類は主に開発途上国で再利用され、同時に
〈認定NPO法人世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)〉を通じて
開発途上国の子供たちにポリオワクチンが届けられます。
集められた衣類は、寄付されるのではなく安価で輸出販売され、販売することによ
り、
現地で新しいビジネスと新しい雇用が生まれ、その利益の一部により、
更にポリオワクチンを提供することができます。
(スタートした2010年11月から2012年の8月までで、
ポリオワクチンに換算すると16万6230人分にも上ります。)
こちらのサービスを利用していただくと特典として、
リクルート様株式会社リクルートライフスタイル様が展開する通販eyecoでご利用いただける
1050円1000円分のクーポンを進呈いたしております。

◆不要衣類の現状◆
現在我が国では、食品の次にゴミとして処理されているものが衣類であり、
処理された衣類のうち約90%は開発途上国で再利用可能でございます。
※不用品衣類参考データ
1,ゴミとして処理73.4%
2,知人に譲渡11.4%
3,リサイクルショップ6.1%
4,フリーマケット4.4%
5,ネットオークション3.2%
6,下取り1.5%
※不要衣類をゴミとして処理をしている人達へ徹底的に調査をしたところ、
下記のような処分理由が挙げられました。
・収納スペースがパンパンで行き場がなくなる為。
・リサイクルショップに二束三文で買い取られると腹が立つ為。
・フリーマーケット・ネットオークション・リサイクルショップ等の場所に持ち込む
ことが
 面倒な為。
・寄付の場合、1箱5,000円~10,000円程度の負担となり、また寄付する際に
 衣類の条件があり期待する片づけからは程遠い為。
また、ゴミ予備軍としては「着ないのは分かっているが、勿体なくて捨てられない、
でも片づけはしたい」といった理由により、片づけられずにいる衣類が
代表例として挙げられます。

この現実をふまえて、不要衣類をゴミとして捨てさせない仕組みの一つとして
【古着deワクチン】を提供しております。
こちらを複数ある手放し方の選択肢の1つとして、是非ご検討くださいませ。

--------------------------------------------------------------------

12.6追記:
【古着deワクチン広告の記載内容の一部誤りによるお詫びと訂正】

12月4日に掲載していただいた【古着deワクチン】の広告に関しまして
下記のとおり記載内容に一部誤りがございました。

ブログの管理者である山口香央里様、関係者の方々をはじめ、
ブログを楽しみになさっている方々に、
大変な、多大なるご迷惑おかけいたしました。誠に申し訳ございません。

お手数をお掛けいたしますが、下記訂正内容をご覧いただければ幸いでございます。

・訂正内容:

【社名について】
(誤)株式会社リクルート
   リクルート様
 ↓
(正)株式会社リクルートライフスタイル様

【通販サイト「eyeco」のプレゼントクーポン価格】
(誤)こちらのサービスの特典としてリクルート様が展開する通販eyecoでご利用いただける1050円分のクーポンを進呈いたしております。
 ↓
(正)こちらのサービスの特典としてリクルート様が展開する通販eyecoでご利用いただける1000円分のクーポンを進呈いたしております。


--------------------------------------------------------------------

処分理由の

・リサイクルショップに二束三文で買い取られると腹が立つ為。
・寄付の場合、1箱5,000円~10,000円程度の負担となり、また寄付する際に
 衣類の条件があり期待する片づけからは程遠い為。

は、まさにそのとおりの側面があり
とても考えさせられたあろまでした。

ラクに社会貢献ができる手放し方、
「古着を活かす」選択肢が増えるのはとても喜ばしいですね^^

【古着deワクチン】の詳細は→ こちら


●お帰りになるまえに・・・
我が家の不要な衣類も古着deワクチンしようかと思っているあろまに愛の1ぽちを♪ 飽きっぽいので、何よりの励みになります^^

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
テーマ:片付け・収納・お掃除
ジャンル:ライフ
先週、ふらついたのか、足を踏み外したのか、
駅の階段を数段 
どどーんと滑り落ちました。



病院へ行ったら
「骨折&靭帯(じんたい)損傷」と判明。

もちろん、人生初。


まさかそんなオオゴトだとは…
噂には聞いていましたが
骨折ってホント、くだらないことでやらかしますね(--;


今は松葉杖生活。
(だいぶ上達したね、と言われてます ^^;)
12月中旬までギプスをはめ
しばらくリハビリに通うことになりそうです。


お楽しみ盛りだくさんな12月。
年1回、ライフオーガナイザーが全国から終結するイベントも
あえなくドタキャン…

他にも
いろいろ残念無念が多そう。
骨折と診断された夜は、悔しくて情けなくて眠れませんでした。


でも一方では

「足が悪くなると困ることは?」
「そのときに注意したいポイントとは?」

といったネタを
自分を実験台にいろいろ試せるチャンスともいえそう。


というのも、
病気や怪我・加齢などの原因で
カラダが動かしにくくなる

→片付けられなくなるきっかけになる


といったことがあるためです。


「Situational Disorganization」
(環境の変化によって片づけられない状態)

という専門用語もあるくらいですから。


今気がついているだけでも
いろいろありますよ~

例えば

・足を痛めると、普段意識していない階段や段差がとてつもない壁になる

・立って作業をするのが困難になるため、自分にとって物の出し入れしやすい範囲が
 普段と全く異なる

・移動がとてつもなく億劫になるため、
 何とか物を外へ出すまではできるものの、定位置まで戻すことができない

・物がテーブルや床へ加速度的に広がる

・イスや手すりのありがたさ

・物を手に持てない→ 立って赤ちゃんを抱っこできない!!!


など。


この状態が長期化するようであれば、
根本的なオーガナイズ
すなわち環境の見直しが絶対必要です。


私はまだ、散らかってしまう理由や
修正が必要ということはわかりますし

普通に経過すれば
(新たに怪我しなければ)
期間限定なだけまだマシ。


でも、この事実を知らないまま
カラダを痛めたまま、従来のシステムのまま使い続けて
「使い勝手がよくない」「カラダが余計疲れてしまう」
と悩み、

その結果
「かつてはできていたのに、なぜ」と
苦しんでいる方も少なくないのでは…?
と思うのです。


というわけで、
期間限定となりますが

ベビー育児&足の怪我による
ダブルSD
(環境の変化によって片づけられない状態)と
どう仲良く付き合えば?

のネタも逐次取り上げたいと思います。
どうぞご期待?ください^^


旦那視点からのブログ記事はこちら

先週妻が骨折しました
今週妻が骨折しました


●お帰りになるまえに・・・
骨折でしょんぼりのあろまに頑張れ~!の1ぽちを♪ 飽きっぽいので、何よりの励みになります^^

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
テーマ:片付け・収納・お掃除
ジャンル:ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。