■ライフオーガナイザー2級認定講座
【浦和】2014年11月13日(木)10:00-17:00 11/5より変更 New!
詳細・お申込みはこちらをクリック

NEW子供が将来を選び取るための学習+生活習慣づけ 夫婦コラボセミナー
【浦和】2014年9月27日(土)10:00-15:30
詳細・お申込みはこちらをクリック

【無料】ズボラ・面倒くさがりやさん向けの片づけメルマガ「あろマガジン」
片づけとラクに付き合えるアイデアをズボラなワーママが週1配信 読者660名突破
お申込みはこちらをクリック

  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
片付けをお仕事にしているプロの話を聞いたり本を読む限りでは
「自分の業務範囲」を明確にされている方が多いです。

おそらくクレーム回避のためでしょう。
個人でお仕事をするなら特に 大事なことですよね。


結構多いのが

◆女性限定

確かに、女性プロ(←ゴルファーみたい♪)が 
男性の部屋に独り?赴くのもちょっと・・・
整理収納のプロは女性率が圧倒的に高いと思われるので仕方ないのですが
男性であれば、男性のプロにお願いするほうが確実そうです。

逆に、女性が男性プロにお願いする場合には、
 ・おいで頂いて問題ないか?(パートナーに同席してもらうなど)
 ・写真相談を受けてもらえるか?

などを予め確認しておきましょう。


◆住む人(本人)が片付けに前向きであること

周囲の人が「あいつの家は酷いから何とか」と仕向けようとしても
受けてもらえない率高そうです。
そこに住む本人がやる気ないと・・・
「なんでアンタが来るの?」
いきなりのクレーム(><)ですよね。


◆家族の合意を得られていること

これは対応するプロによるかもしれませんが、
プロの前で夫婦(家族)喧嘩になること 少なくないみたいです(^^;
合意できていないと これまた
「なんでアンタが」クレームに繋がります。


◆精神的に弱りすぎていないこと

例え実作業はお任せするにしても
(一緒に取り組むことが多いようですが)
一つ一つ、要否を判断していくのって
例えメンタル的に普通であっても ものすご~く疲労する
そうです。
普段は使わない頭を使うせいかもしれません。

うつ状態、極度の疲労 など
精神が不安定であるときには もう少し待ったほうが
いい成果を得られやすくなるそうな。

---------------

あとは お気に入りのプロを見つけて依頼し、
その方からの指示を待ちましょう。

「出産が~」「引越しが~」などの期限条件がある場合には
伝える
ことも忘れずに♪

自分で「依頼する」ことで既に
片付け最初のハードルはクリアできているんです。
まずはその選択に至った自分をほめていい(^^)


プロに依頼するのも決して安いお金ではないし、
すごく勇気が必要だと思います。

だからこそ!
使うお金以上の効果を上げたいですよね!!


いつも役立つブログランキング。他の生活情報もチェック!


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ


いつも応援ありがとうございます~~♪

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:片付け・収納・お掃除
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。