■ライフオーガナイザー2級認定講座
【浦和】2014年11月13日(木)10:00-17:00 11/5より変更 New!
詳細・お申込みはこちらをクリック

NEW子供が将来を選び取るための学習+生活習慣づけ 夫婦コラボセミナー
【浦和】2014年9月27日(土)10:00-15:30
詳細・お申込みはこちらをクリック

【無料】ズボラ・面倒くさがりやさん向けの片づけメルマガ「あろマガジン」
片づけとラクに付き合えるアイデアをズボラなワーママが週1配信 読者660名突破
お申込みはこちらをクリック

  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忙しいとつい、あちこちに物を置いてしまう対策として

「とりあえず置き場」を設ける

という方法が、いろんな収納関係の本で紹介されています。


賛否両論かと思いますが・・・
この方法が活きるか否かは人によると思われます。
お片づけを苦手とする人には あまりお勧めできないかも。


とりあえず置き場は、物を一時的に退避させる場所です。
つまり、本来の置き場に「最終的に」「収める」作業がのちのち発生します。

この「収める」作業をこまめにできればいいのですが・・・
できなければ、とりあえず置き場にとりあえず置かれる。

置き場が放置され、新しいものが上に積み重なる。
また新しいものが上に積み重なる。
・・・
・・・
積み重ねられすぎると、下のほうは取り出しにくいので、存在を忘れる。
入れ物のサイズが大きく深いほど、面倒になりがち。

そして死蔵品(?)の山に。
こうなると、手をつけたくなくなります。
山の上に乗り切れなくなると、周りにも散乱して無残な状況に。


それよりは、とりあえず置いてしまう近くに
「本来の」置き場を
「ざっくり」
設けるのが一番。


居心地のよいたまり場って、結構決まってるんですよね。
例えば壁付けのダイニングテーブルの片隅とか。
案外、いつも同じものが同じような位置で転がっていたりするもんです。
散らかっている状態には、ヒントがいっぱい。

そこに、ぽんっと置いておくことのできる本来の置き場を設けることができれば?
のちのち面倒な作業を少なくできます。

そうはいっても、他のことに手一杯でいますぐにはとても・・・というのもありがち。
もしとりあえず置く場所を設けるならば、ひとつに決めて浅めの入れ物にしましょう。
山になる前に手をうつことができ、周囲に散乱したり死蔵したり、被害も少なくなるためです。


書類はどうしても即ファイリングが無理なことが多いのが判明し、
吟味の末 これにしました。


重なるブリ材長方形バスケット・小/(V)幅約37×奥行26×高さ12cm

ブリ材・長方形バスケット用フタ/(V)約幅37×奥行26×高さ2cm


書類置き場は、A4サイズが無理なく収まるのが必須!
以前ありあわせのカゴで試してみましたが、はみだして余計に見苦しくなったので・・・

ふたが浮きそうになったときが、片付けどき。
買ってみてわかったのですが、
よーく見ると かごの隙間から中身が見える仕組みになっているんですね。

ふたをしめれば、書類の存在を忘れるほどスッキリ♪ (←オイオイ)
私的にはいい買い物をしました。

とはいえ、「即、ざっくりしまえる本来の書類置き場」を早く設置したいものです。

(2009.9追記)


そもそも、存在を忘れるほどならば、処分してもいいかも。



ブログランキングから、他の生活情報もチェック!



関連記事
スポンサーサイト
テーマ:片付け・収納・お掃除
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。