■ライフオーガナイザー2級認定講座
【浦和】2014年11月13日(木)10:00-17:00 11/5より変更 New!
詳細・お申込みはこちらをクリック

NEW子供が将来を選び取るための学習+生活習慣づけ 夫婦コラボセミナー
【浦和】2014年9月27日(土)10:00-15:30
詳細・お申込みはこちらをクリック

【無料】ズボラ・面倒くさがりやさん向けの片づけメルマガ「あろマガジン」
片づけとラクに付き合えるアイデアをズボラなワーママが週1配信 読者660名突破
お申込みはこちらをクリック

  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※お茶会参加者各位
誤記修正ありましたら遠慮なくご指摘くださいませ♪


本セミナーは「お片づけビジネス」に携わる
または携わろうとしている方対象に開催されたものですが
ビジネスがらみでなくても 興味深い部分が多いように思えました。

身近に片付けられない人がいて
どう接すればいいのやら・・・
という場合には特に とても参考になります。

pic046.jpg


◆片付けられない人は、セルフイメージが低い傾向にあり

これ、もと汚部屋住人として
思い当たるフシがありすぎなのですが(汗)
如何でしょうか。

「普通の人なら当然できるはずの片付けが、自分にはできない」
       ↓
「できない自分=ダメ人間」
       ↓
自信喪失


片付け方って、敢えて教わる機会が少ないから
「一体どうすれば」 途方にくれてしまいますよね。
でも、現実に 目の前には物があふれて散らかっている。

挑戦するものの、なかなか思うように進まない。
もともと好きでなければ、研究する意欲もわかない。
負のスパイラルに陥りがちないい例かと思います。


数年前までは、家に帰るたびに疲れていたなぁ~
残業の嵐だけでなく。
汚部屋を見るたびに「自分=ダメ人間」
と考えてしまっていたのかも・・・

これは、自分が苦手なことに置き換えて考えてみる
想像しやすいですね♪



◆ココロが荒れると、家の中から荒れていく

ズバリ!
他人の目につかない
ためだそうです。
う~む確かに・・・

外見(服装)は、人目がありますものね。

部屋にある全てのものは、あなた自身なのです。
(セミナーテキストより)
(「もの」には、お部屋にいる家族・人間含まれる)



以前
「部屋の荒れ具合で、ヨメの心理を推察する旦那」
の話を紹介しましたが、
心理学的にも該当しそうです・・・(笑)



◆片付けが得意な方のNGパターン

部屋を見ながらつい「判断」してしまう
話を聞きながら「アドバイス」してしまう

(セミナーテキストより)

これ、すごくやってしまいがちですよね~
自信がある人ほど・・・
「私が何とかしてあげなきゃ!」と張り切ると余計に・・・


どう接すれば、相手が嬉しいか。

「この人はこの段階」
という視点で認めつつ、暖かく見守る 
のがよさそう。

「片付け上手の私がきたからもう大丈夫!
私の言うとおりにやれば上手くいくわよ」

という姿勢よりも

「きっと大丈夫。
今は苦手かもしれないけれど、自分のペースでゆっくり頑張りましょうね」

のほうが、受け入れてもらいやすいのだそうです。


苦手なことに直面したときに感じたことを忘れなければ
自ずとわかりそうなものなのに、
苦手でなくなると忘れがちな視点。

苦手な人や初心者に接するとき、
子供に何かを教えるとき、
深く肝に銘じたいと思います~


お部屋と心理学、もっと詳しく知りたいあなたは
こちらをチェック♪

日本プロフェッショナル・オーガナイザー協会
磯ヶ谷ふき子さん(心理カウンセラー)


こちらの記事もご一緒に如何ですか?

「コミュニケーションセミナーで学んだことを使ってみた!」お茶会
混乱にも、それなりの意味がある


いつも役立つブログランキング。他の使える生活情報もチェック!


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ


いつも応援ありがとうございます~~♪


関連記事
スポンサーサイト
テーマ:片付け・収納・お掃除
ジャンル:ライフ
コメント
片づかない人の気持ち
あろまさん。
ステキな企画をありがとうございます。
こんな風に盛り上がっていただけて、うれしいです。

「先生」的な立ち位置でアドバイスするのもありだと
思いますが、本人の自信につながらず、先生に依存するか、
自力の片づけをあきらめてしまうというリスクが
あるんですよね。

スキルを高めるほど、ドツボにはまるという構図です。
2010/04/23(Fri) 20:08 | URL | お茶係 | 【編集
お茶係さん、ありがとうございます♪
コメントありがとうございます(^^)
参加された方が皆勉強熱心で意識が高いため、お茶会2回ともすごく盛り上りました。

お部屋と心理、片付きはじめてからなんとな~く繋がっているかも?
などと思っていましたが・・・
こんなにも濃いつながりがあったなんて?!
シェア頂き改めて驚きました。

「先生」に「依存」してしまう構図。
できないことも「先生のせい」にしてしまい、自分で考えることをしないリスクも生じるかも・・・

如何に本人の意識を上げて、自力でできるように促すか。
片付けでも育児でも教育でも同じなのかもしれないと感じています。
2010/04/24(Sat) 06:24 | URL | あろま | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。