■ライフオーガナイザー2級認定講座
【浦和】2014年11月13日(木)10:00-17:00 11/5より変更 New!
詳細・お申込みはこちらをクリック

NEW子供が将来を選び取るための学習+生活習慣づけ 夫婦コラボセミナー
【浦和】2014年9月27日(土)10:00-15:30
詳細・お申込みはこちらをクリック

【無料】ズボラ・面倒くさがりやさん向けの片づけメルマガ「あろマガジン」
片づけとラクに付き合えるアイデアをズボラなワーママが週1配信 読者660名突破
お申込みはこちらをクリック

  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々に昔=原点に回帰してみたいと思います。
といっても、5~6年程度前のこと。

以前ひっそりとブログで公開していた汚部屋写真。
編集の方の一言で『片づけと収納がらくになる仕組みづくり ライフオーガナイズ: もっと心地いい暮らし方
の本にこの写真の掲載が決定したときには
(本の写真は無修正です)
マジで~?!と正直焦りましたが…

お会いする皆さんの印象に刻み込まれるらしく、今では本当に感謝です。
最近では貴重なセミナーネタになってるし(笑)

pic016.jpg


この当時はどうしてこのままにしていたのだろう?と
ふと考えてみました。


●周辺状況から考えると

・当時は片付けより他に優先したいことが多々あった
・多忙すぎて片付けようという気力が起こらなかった


思えば完璧に他のことに目が向いていましたね~
会社生活やこれからのキャリアとか。隙あらば旅行や外食だった気が。
家で過ごすのは寝るときくらいだったから、
その間だけ我慢すればいいよね、といった感じ。


●手段として

・どこから手をつけてよいかがわからなかった
・片づけ方を知らなかった
・片付けるメリットを知らなかった
・物の定位置を決めていなかった
・物が多すぎた


片づけを教わったことがない・・・
従い、完璧に自己流で 元に戻すなんてことも殆どありませんでした。

平気で食器棚の前にダイニングテーブルを置いていて
床に物があふれているのに、ダイニングテーブルから下の食器棚はからっぽ。
興味もそれほどないから、片付けの基本を熱心に調べようともしなかった気がします。


この結果が

・布団から手を伸ばせば何でもすぐに届くこと=ラクできると思っていた
・ゴミを捨てるゴミ箱がすぐそばになく、ゴミ箱そのものも気に入らなかった
・食べる場所が決まっていなかった
・こたつの上、机の上が物で埋まっていた


部屋のどこで何をするか?まったく決まってなかった気がします。
マメな人ならばそれでもあまり問題がないのかもしれませんが、
私のような出しっぱなしタイプには、
どこで何をするかを決めたほうが散らかりにくい
(散らかるものが限定できる)かもしれません。


●極めつけが

・自分の持ち物に興味がなかった
・愛着があるものがほとんどなかった
・物を大事にしなかった


これが大きかったかも、と今になって感じています。
愛着を感じられないから、大事にしない。
だから床に置いても踏んでも気にならない
といった感じで。

思えばそれまで、親から物を買ってもらったり譲ってもらったりと
自身で積極的に「選ぶ」経験をしてこなかった。

だから、部屋に置くものも選び取れなかったのかな・・・と。


だから、愛着がない大物を偶然放り出したときに
その効果が如何に大きいかを肌で感じたんですね。


片付けることは、自分自身を選ぶこと。
ひとつひとつの物と向き合うごとに、「選ぶ」の経験を積んでいったのかもな
と感じています。


また思い出したら書きますね~
こういったナマのお話は特に好評ですので、
ご興味のある方は是非11月セミナーで直接あろまに質問してくださいね。お待ちしています♪

なぜ収納本だけでは片付かない?!セミナー@浦和 開催のお知らせ


お片づけブログでモチベーションアップ?!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
ぽちっ☆ を励みに、何とか更新つづいています。
いつも応援ありがとうございます~~♪


関連記事
スポンサーサイト
テーマ:片付け・収納・お掃除
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。