■ライフオーガナイザー2級認定講座
【浦和】2014年11月13日(木)10:00-17:00 11/5より変更 New!
詳細・お申込みはこちらをクリック

NEW子供が将来を選び取るための学習+生活習慣づけ 夫婦コラボセミナー
【浦和】2014年9月27日(土)10:00-15:30
詳細・お申込みはこちらをクリック

【無料】ズボラ・面倒くさがりやさん向けの片づけメルマガ「あろマガジン」
片づけとラクに付き合えるアイデアをズボラなワーママが週1配信 読者660名突破
お申込みはこちらをクリック

  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「もらったけれど、味が苦手or健康上の理由で食べられない」
「いつも特定のブランドを食べることにしているから」
「大量のお中元・お歳暮が・・・」

などの理由から、
賞味期限が切れなくても要らない食料
皆さんのご家庭にはありませんか?


我が家も先日実家から

「インスタントと間違って買ってしまった」

というドリップ式コーヒーを
(半ば無理やり)持ち帰らされました。
しかも大袋(^^;

ウチでは珈琲豆を挽いて飲むか
インスタントの「香味焙煎」しか飲まないため

正直どーしようかなぁ・・・
扱いに困っています。

pic054.jpg


実は、賞味期限が切れていない食料品の寄付を受け付ける団体があります。

セカンドハーベストジャパン

【HP説明から】
まだ充分食べられるにも関わらずさまざまな理由で廃棄される運命にある食品を引き取り、
それらを児童養護施設の子供たちやDV被害者のためのシェルター、
さらに路上生活を強いられている人たちなどの元に届けるフードバンク活動を行っています。

未開封で賞味期限が1ヶ月以上残っている食料が対象
個人からは主に

•お米、パスタ
•フリーズドライ食品
•加工食品(缶詰、瓶詰等)
•インスタント食品、レトルト食品
•ギフトパック(お歳暮、お中元等、贈答品の余剰等)
•調味料各種
•飲料(ジュース、コーヒー、紅茶等)

といったものだそうです。
リンクを張りましたので、ご興味のある方はサイトをチェックしてください。

セカンドハーベストジャパン


先日 読売新聞6/24版に

「捨てられる食料 13億トン」

という記事が掲載されており、
以前聞いたことのある団体「セカンドハーベスト・ジャパン」の名前を見つけました。


先進国を中心に年約13億トンの食糧が捨てられ、
北米・欧州では1人あたり年間280~300キロに達するとのこと。

日本では年間約1850万トン。
記事によれば、理由のひとつに「3分の1ルール」という商習慣があり、
これは製造日から賞味期限までを①納入②販売③消費の3期に分けるもの。

賞味期限まで1年の商品なら、製造から8ヶ月過ぎれば店は撤去する
ことになるのだそうです。


一方で世界では飢餓に苦しむ人が9億人を超えるという事実。


限りある食料、
せめて自力でコントロールできる範囲内では

必要な分だけを買う
買ったら使い切る


を実践していきたいものです。


●お帰りになるまえに・・・
コーヒーの大袋をどうしようか、迷っているあろまに愛の1ぽちを♪ 飽きっぽいので、何よりの励みになります^^

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:片付け・収納・お掃除
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
「もらったけれど、味が苦手or健康上の理由で食べられない」「いつも特定のブランドを食べることにしているから」「大量のお中元・お歳暮が・・・」などの理由から、賞味期限
2012/06/26(Tue) 08:44:15 |  まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。