■ライフオーガナイザー2級認定講座
【浦和】2014年11月13日(木)10:00-17:00 11/5より変更 New!
詳細・お申込みはこちらをクリック

NEW子供が将来を選び取るための学習+生活習慣づけ 夫婦コラボセミナー
【浦和】2014年9月27日(土)10:00-15:30
詳細・お申込みはこちらをクリック

【無料】ズボラ・面倒くさがりやさん向けの片づけメルマガ「あろマガジン」
片づけとラクに付き合えるアイデアをズボラなワーママが週1配信 読者660名突破
お申込みはこちらをクリック

  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の記事はこちら

家計簿のスリム化①
家計簿のスリム化②


家計簿で最も悩ましいのは、細かい レシートが出る品目かと思います。
例えば食費。
スーパーで沢山買った場合、どのように処理されていますか?

確かに、
8/17 ほうれんそう イ●ーヨーカドー \98
8/17 さんま2切れ イー●ン \190
8/20 豚バラ300g Co●P \398

などと記録すればカンペキで、細かいところまで把握できます。
底値の分析もできるでしょう。
しかし膨大な手間がかかります。


これを、1回のレシート合計金額毎に
食費 \4007

などと記録すると?
細かいところまでは把握できませんが、少しの手間で済みます。


家庭によって事情は異なりますが、
家計全体に対して食費の占める割合が意外と低い、
というご家庭も少なくないかと思います。



筆者は大変ズボラなので、食費はクレジット会社からの請求書に記載された合計金額のみの管理です。
食費は1週間に1度の宅配まとめ買い、
多少生じる生活消耗品(シャンプー・リンス・ラップなど)は微々たる金額なので、
食費に交じってもいいや~ というアバウトさ。

細かい把握はできませんが、家計簿は最低限にしたいので、自分にとっては十分と考えています。
これもひとつの考え方。


月々現金で一定額の生活費と夫婦別小遣いもおろしているのですが、
こちらの詳細の記録を、今年からやめてみました。

ホントは「外食」「おむつ」等々ざっくりは処理したいものなのですが、
レシートがたまりすぎて追いつかず・・・
「記録しなければ!」の手間&ストレスと引き換え、
ということで自分を納得させています。

(改めて、かなりテキトーだ・・・ 汗汗)


代わりに微々たるものですが、口座別貯蓄&投資額の定期確認を始めました。
こちらのほうが必要性を感じているためか、やる気が出ます。


==========================================

下記の項目も自分に必要か?どこまで知りたいか?
検討の余地があるかもしれません。

・残高確認
・お財布の中身&計算が一致するかどうかの確認
・日付管理(1日ごとの管理か、週ごとか、月ごとか)
・出費の大分類:たとえば「食費」「酒類」「魚類」「肉類」など
・買ったお店名

==========================================


毎日記録するのが苦にならず、きちんとお金の流れを管理したい方ならば、
記録するに越したことはないかと思います。


底値調査のために、詳しい情報まで必要なのか、
大まかなお金の流れを把握するために、合計金額までわかればよしとするか、
あなた自身の方針を固めてみませんか。


ちょっとでもお役にたてましたら
ぽちっと1票いただけると嬉しいです。




関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。