■ライフオーガナイザー2級認定講座
【浦和】2014年11月13日(木)10:00-17:00 11/5より変更 New!
詳細・お申込みはこちらをクリック

NEW子供が将来を選び取るための学習+生活習慣づけ 夫婦コラボセミナー
【浦和】2014年9月27日(土)10:00-15:30
詳細・お申込みはこちらをクリック

【無料】ズボラ・面倒くさがりやさん向けの片づけメルマガ「あろマガジン」
片づけとラクに付き合えるアイデアをズボラなワーママが週1配信 読者660名突破
お申込みはこちらをクリック

  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は長文お許しください。
働いているママ 働きたいママの励みになれば嬉しいです。


昨年末、こちらのイベント出展をきっかけに
埼玉県職員の方とのご縁ができ

平成26年度埼玉県働く女性応援メンター 委嘱されました。
そうそうたるワーキングマザーたちが集う場で、貴重な経験をいただけそうです。

先日は知事とメンターたちの懇談会があり
桜の木の下で記念撮影。
県知事との2ショットなど、もうありえないですね。きっと。

pic452_小


普段はお仕事柄

「片づけられなかった歴30年」
「ハードルが低いお片づけ」

をメインに打ち出していますが、


社会人時代の6社15年間は、育休を挟んで
正社員・アルバイト・パート・派遣と
多彩な働き方をしてきました。


小学生から
「自分で自活するために、仕事がんばりたい!」
と周囲に公言していたらしいあろま。


最初の2回の転職は
キャリアウーマンに憧れ
「さらなるキャリアアップを!」という
若者にありがちな理由。

英語を使う仕事や、物流(在庫管理)がらみのスペシャリストを
夢描いていました。


3社目は労災認定レベル?(大げさ)
ハードなときには、週3回終電を逃して
都内から埼玉までタクシー帰りといった環境で体調が悪化。
このままここにいたら死んでしまう…と本気で思いました。


4社目はオフィス閉鎖による解雇。
いずれ正社員にするから…といった約束での採用でしたが
アルバイト契約のままでした。
育休取らせてくれただけ有難かったのかもしれません。


5社目は売上悪化に伴うパート契約終了。

6社目は次男出産前のごく最近、パート型派遣。
2人目出産後も働き続けたいと
勤務先にも派遣先にもアピールし続けましたが
願いはもろくも崩れました。


いずれも、現場の上司同僚からは
そこそこ使えると認められていたようでしたが
決定権は別の部署が握っている。

こんな世の中、会社に尽くしたって守ってくれません。
特に非正規はあっさりと切られます。

だからこそ
「自分は、会社をどう活用したいか」こそが
肝心なのだ、というのが持論です。


3度の解雇を経て
「働き続けるには自力で働く場をつくるしかない」と一念発起。
「ライフオーガナイザー」という肩書を名乗りながら、
試行錯誤を重ねています。


転職経験が多すぎる上、2人の子持ち。
「転職の壁」の35も過ぎ、
転職市場では既に使い物にならないキャリアですが


「そんな多彩な方、めったにいません!」
とメンター担当から面白がられました。
誰かのお役に立てる可能性があるんだな~とワクワクしています。


そんな、一般的にはマイナスな経験が
思いもよらない形でつながることがある。


私の「汚部屋」経験も同じ。
片づけられずに苦しみ、経験を経ているからこそ
語れることもある。


正直「ライフオーガナイザー」を名乗り続けていいものか…
2人目出産後、部屋のリバウンド・時間の確保に苦しんだり
片づけ上手な仲間と仕事を共にし、飲み込み・やっていることの違いに愕然としたり

メンタル的に不調の波がきたときには
時折真剣に悩まされます。


同業の仲間からは
「どうしてあろまさんは、そんなにセルフイメージ低いの!」

と何度言われたことか。
(↑片づけられない時代の後遺症がいまだに。)


でも、

「あろまさんの汚部屋写真に励まされた!」
「お話をきいて、すごく安心できた!」

との声も頂くことも少なくありません。
その励ましの声を支えに、今日に至っています。



だから、あなたも
今は苦しいかもしれない。
逃げだしたいかもしれない。

でも、その苦しさから背を向けずに
一歩抜け出せたときには
あなたしか語れない、代えがたい経験になります。

片づけられないで苦しんでいるなら
今のうちに現状を記録(写真を撮るなど)しておいてくださいね!
今しか残せませんから。


ムダな経験は何一つありません。


今まで、能力的に男性にひけをとらない女性の同僚たちが
出産との兼ね合いでやむを得ずキャリアを絶たれるのを
数多く見てきました。

一度正社員の道を絶たれたり
小さな子供を抱えると
同じ待遇の正社員として復帰するのはとても難しい。

また、たとえ運よく復帰できたとしても
キャリア継続のために

実家の支援 保育の確保 職場や家族からの理解など
多大な努力を強いられます。


埋もれてしまうにはあまりに惜しいママたちの力。

ママたちがやりたいことに集中するため、
ママたちがやりたいことを続けるため、
やりたかったけれど諦めていた何かに、一歩踏み出してもらうため


私も今、お役に立てそうなことを精いっぱい
やっていきたいと思います。
もしニーズがあるなら、どこかでキャリアがらみの企画も…?(妄想中)


会社で働くことに限界を感じるなら、
自分の好きなペースで働く、といった選択肢もあります。

決してラクではありませんが、興味があれば検討する価値はあるように思います。


アメリカの片づけの世界では40代はまだまだ若手。
50,60,70代の現役オーガナイザーもたくさん活躍されています。

「ライフオーガナイザーって何?」
「ライフオーガナイザーはどんなことしてるの?」に関してはぜひ講座で。
↓↓
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

●講座・イベントのご案内

捨てるから始めない整理術。私にもできる?
【ライフオーガナイザー入門講座】4/25(金)@さいたま新都心 NEW!

物の山とやるべきことに追われる毎日。基本を学んで根本から見直したい!
【ライフオーガナイザー2級認定講座】5/13(火)@浦和 NEW!

増税に伴い、4月から受講料が変更となりました。


●オーガナイズカウンセリング・作業支援サービス

自分にあったラクな方法、どこから始めたらよいかを詳しく教えてほしい
ひとりではやる気スイッチが入らないので、一緒に片付けてほしい!

【ゆるいかたづけ.com】

4月からは価格・サービス内容の一部を改定させていただきました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

●お帰りになるまえに・・・
花粉症で目がショボショボのあろまに愛の1ぽちを♪ 飽きっぽいので、何よりの励みになります^^

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。