■ライフオーガナイザー2級認定講座
【浦和】2014年11月13日(木)10:00-17:00 11/5より変更 New!
詳細・お申込みはこちらをクリック

NEW子供が将来を選び取るための学習+生活習慣づけ 夫婦コラボセミナー
【浦和】2014年9月27日(土)10:00-15:30
詳細・お申込みはこちらをクリック

【無料】ズボラ・面倒くさがりやさん向けの片づけメルマガ「あろマガジン」
片づけとラクに付き合えるアイデアをズボラなワーママが週1配信 読者660名突破
お申込みはこちらをクリック

  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家事外注をするのでない場合、家事の省力化に必要なのは、

・やることを減らす
・担い手を増やす

ことであろうかと思います。
余裕がなければ、ある程度やることを減らすのも必要ですが、
やらないわけには・・・ってことも多い(><)

お仕事を持っている場合は特に、たまりますよね。


少しでも子供にやってもらえれば、ラクになりますよ~♪
こちらが言っていることが理解できる頃から 少しずつ仕込むのがオススメです。
(おおよそ1歳半位から?女の子だと早いかも)

担い手が増えるとラクになります。
旦那がちゃんと動ける人であればいいんですが、
既に人格が出来上がってしまっているし、
あれこれ指図するのもなんだか申し訳ない。
運が悪ければ気を悪くされることも。


それならば、人格形成中の子供にお手伝いをお願いすれば
案外楽しんでやってもらえます。(勿論、いつもではありませんが)


現在2歳7ヶ月の息子には、下記をお願いしています。

・自分の朝食をダイニングテーブルまで持っていく
・自分の食器を食後シンクまで運んでもらう
・自分のおもちゃのナイナイ(後片付け)
・拭き掃除(自分がこぼしたところ)
・グリーンピース&枝豆の鞘と豆をわける
・脱いだおむつをトイレに持っていってもらう
・靴下をたたむ(一部分)・靴下置き場に持っていってもらう
・脱いだものを洗濯籠に持っていってもらう (時に父親の分まで)
・クイックルワイパーや掃除機(たまに)
・ほうき+ちりとりでゴミを集める
・食パンに食材をぬる
・トイレを自分で汚したとき、トイレットペーパーで拭いてもらう
・布団を敷くのを手伝ってもらう


列挙してみると、予想以上にやってもらっているかも(@@)
親のズボラさがバレバレ。

今は自分でやる!やる!の時期なので、
「早くしないと母さんやっちゃうよ~」
の一言が効きます(^^)


仕向ける?コツとしましては

とにかくほめちぎる。(お母さん助かっちゃう~~ などと言うのが効くらしい)
 うまくできなくても、やろうと努力したことをほめる

・やる気が無いときには無理強いしない
・「やってみる?」「悪いけど○○お願いできる?」 ←あくまで低姿勢。
・特にナイナイなどは、一緒にやる
 お風呂前などの儀式にしてしまいましょう。


やはり一人前に扱われると 張り切りますね。
子供にとっては「かまわれている」という満足感も得られるようで、
まさに一石二鳥。

お友達のおうちでは、3歳のお姉さんが食パンにハムやチーズを乗せていましたよ。
日々できることは増えていくので、お願いしないなんて勿体無い。


確かに失敗したり、余計やることを増やされるときもあるのですが、
いづれ何でも自分でやれるようになってほしい。
今は将来投資(?)なのですが、まじめに助かっています。

「できるわけない」? そんなことありません。
小さいお子様がいらっしゃるならば、チャンスです!


ブログランキングから、他の生活情報もチェック!




関連記事
スポンサーサイト
テーマ:実用・役に立つ話
ジャンル:趣味・実用
コメント
早期着手
これにつきますね。おっさんになったら余程の事がない限り無理です
私は実は37で目覚めましたよ。
2009/09/11(Fri) 21:08 | URL | みちしるべ | 【編集
私も同じくらいのときです(苦笑)
子供期、親が見かねて私の部屋を片付けていたので・・・習慣づきませんでした(^^;
いろいろ言うことをきかない知恵が子供についてきたら、あまり手を出しすぎないようにしようと考えています。
(これが難しいんですけどね)
2009/09/14(Mon) 05:51 | URL | あろま | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。